精神病はストレスからも起こりやすい【精神の健康を保とう】

女性

誰にでも起きる病気

女性

健康に見える疾患

精神病を患っている人の多くは健康に見えます。何も病気をしたことがないように見える人が多いのです。どんな人でも突然起きる病気でもあるのです。精神病という病名の幅はとても広くなっています。眠れないだけでも睡眠障害という精神病です。それだけ身近な疾患でもあるのです。入院して治療が必要な患者さんの場合は平均で三か月以内で退院しています。長期間の入院になる人は少ないのが現実です。精神病と聞くと心の病というイメージを持つ人が多いのです。精神病は体全体の病気から起きる精神症状が多いのです。脳や糖尿病や悪性腫瘍などの症状に精神症状という症状があります。脳疾患では認知症が多いです。内科など他の診療科の疾患から起きた精神病のほとんどは脳外科や内科で対応できる場合もあります。認知症の場合は精神科で治療が必要になる場合もあります。身近な病気となっています。その他にうつ病や統合失調症や解離性障害など様々な疾患もあります。全ての精神病と呼ばれている疾患を患っている人が多い理由です。会話が成り立たなくなる患者さんの場合は疲労から考えて会話をすることが出来ない状態です。このような場合はゆっくりと休むように接することが大切になります。患者さんと接する機会は多くあるものです。その時は相手は健康な人が多いのです。無難な会話内容は世間話しが一番です。また相手の方から精神病を患っていると言われた時のポイントです。肯定も否定もしないようにすることです。同情を求めて相手は話したのではないのです。

相手の気持ちを傾聴する

精神病を患っている患者さんの中には本人自身についての話をする人が多いです。これは誰かに理解して欲しいという気持ちがあるからです。また待つことが出来ないほど今すぐに聞いて欲しいと思うところが特徴的です。その時は相手が気持ちを全て吐き出せるように傾聴する姿勢を作る必要があるのです。自分が忙しいときに長時間経過しても話しが終わらない時のコツがあるのです。患者さんが会話を続けていくと夢中になっているので時間が経過していることに気が付いていないだけです。その時は時間がないので用事を先に済ませてきます。という風にその場を離れる理由を話してから用事を済ませに行きます。相手は悪気はないのです。ただ時間の経過に気が付かなかったことだけです。しかし長時間呼び止めてしまったことを健康な一人よりも強く悪いことをしたと思いやすいものです。その時は次に会った時や携帯や電話などでお詫びの言葉を言うなどとても気を使いやすいのです。その時は全く支障はなかった時はそのように答えます。もし何か時間的な問題が起きたときは相手を責めずに自分の方がもう少し早く言いだせばよかったと告げると相手との人間関係は上手くいくものです。また最後に必ずここまで気にしていたことに感謝している言葉を添えておきます。どんな人とつきあう時でも同じことは起きます。相手の立場に立って言葉を返してもらえると精神病の疾患を患っている人は余計な心配や不安を増やすことがなくなるのです。健康な人と同じ様に接しながら少しだけ気を使った言葉をかけると精神病の患者さんと上手く付き合えるのです。

Copyright© 2015 精神病はストレスからも起こりやすい【精神の健康を保とう】All Rights Reserved.