精神病はストレスからも起こりやすい【精神の健康を保とう】

女性

心の病気の治療

医者

様々なタイプがあります

心の病気には、様々なものがあります。最近特に増えているストレス性の不調の場合、精神科や心療内科では比較的軽症の病気として扱われるのが常です。この手の不調は原因がある程度限定されることから、治療のアプローチもしやすいと言えます。一方、統合失調症などの病気の場合は、所謂精神病として扱われるため医師の対処の仕方もより専門的になるのが一般的な傾向です。概して自分自身が病気の存在に気付いているか否かが、精神病を診断する際の基準になります。単なるストレス性の不調の場合には、本人が病的な症状を強く自覚していることが多いです。それだけに治療期間は本人にとっても負担の大きいものになります。精神病として扱われる統合失調症などの場合は、必ずしもこういった本人の自覚がないのが一つの特徴です。健常な状態では想像が出来ないことをイメージするといった、少し奇異な症状を認めることもあります。こういった患者の病状を主にカウンセリングや心理テストなどを用いて判断していくのが、心療内科や精神科の医師です。心の不調と精神病では、当然のことながら治療法が異なります。いずれの場合にも治療は長びく傾向がありますが、一定の差が現れてくるのが予後の経過です。最近では、これまで治りにくいとされてきた精神病の場合にも治療薬の効果によって、ほぼ完治の状態まで持っていくことが可能となっています。一定の時間はかかりますが、適切な医師の治療があれば通常の生活に戻れるケースが増えているのが、昨今の傾向です。

病気の判別が出来ます

うつ症状やイライラ感などは、ストレス性の不調や精神病などの様々なケースで見られる症状です。従って、症状が現れ始めた段階では正確な病気の把握が出来ないことがあります。本人はもちろんのこと、家族にとってもこういった状況は一つの問題です。精神科を始め最近の心療内科では、このような病気の判別を行なうことが出来ます。他の診療科では分からない微妙な違いを、専門医の場合には見極めることが可能です。従って、適切な治療が選択出来ます。心の不調の中には、重症化すると精神病にまで進行してしまうものがあります。元々素因を持っている方の場合には、うつやストレスなどをきっかけに精神病を発症してしまうことがあるのが厄介な点です。心療内科医や精神科医は、このような症状を事前に察知して、病気が悪化しないよう治療を行なうことが出来ます。カウンセリングや認知行動療法、薬物療法などを活用して、早い段階で改善を目指すのが最近の専門医です。また、昨今ではこういった心療内科や精神科が意識してアットホームな雰囲気を取り入れています。病院のイメージを極力避ける診療科も増えており、気軽に症状を相談出来る点が人気の一因です。敢えて白衣を身につけない医師も多く、患者に与える精神的な影響を考慮していることが受診者の増加に影響しています。親しみやすい面を持ちながらも診断はかなり専門的なのが、この手の診療科の特徴です。悩みの相談窓口として利用する方も多く、心の健康を保つために大きな力になっているのが最近の心の専門医と言えます。

Copyright© 2015 精神病はストレスからも起こりやすい【精神の健康を保とう】All Rights Reserved.