精神病はストレスからも起こりやすい【精神の健康を保とう】

女性

休みを取らずに働いた結果

男性

危険信号は本人がわかる

体が限界を感じているのに仕事を続けていくと不眠傾向になります。何日も睡眠不足が続くとどんなに健康な人にも幻覚や幻視は起きるものです。睡眠をしっかりとり回復させるとこの症状が消えるのが健康な人です。ところが長期間同じ様に不眠が続いている時に起きる不快な症状を無視していくと眠っても消えなくなります。これが精神病と言われる病気の一つです。なので健康な人にでも起きている症状が薬を飲めばなくなる状態になっている状態を発病というのです。精神病を回復させる方法は多くの情報が入らない静かな環境で疲れた脳を休ませる方法です。これは自宅でも可能ですが早く回復させたいときは入院という方法があるのです。脳が疲れてしまうと様々な症状が起きます。これが精神病の特徴です。出来るだけマイペースに生活しながら脳を休ませてあげることが必要になります。治療中は正しい生活習慣を身につけることで夜間の睡眠状態を取りながらストレス回避の方法を探る時期です。周りの人が専門的な知識を持つ人ばかりです。積極的に話しかけてどのようにすれば生活していくときに良い眠りが取れるか等を教えてくれます。医師に報告する仕事は看護師です。患者に一番近い存在です。精神病の患者さんに対しての接し方になれています。家族の人から患者さんと接する方法や心がけのアドバイスをするのも看護師の役目です。そのため、わからないことを遠慮せずに聞くことが一番良い回復方法になるのです。患者さんの為に重要なポイントをわかりやすく説明できるのは精神科の看護師が得意としていることなのです。

看護師に聞きやすいわけ

精神病の患者さんが多い診療科で働く看護師は人間が好きな人が多いのです。人間関係を作ることが得意だから希望して働いているのです。このような看護師がいるのは精神科だけです。患者さんの気持ちを直ぐに気が付いて行動できるから働いているのです。このような看護師の特性理解すれば無料でアドバイスを聞けるのです。入院中に看護師を利用することが治療の中で大切になるのです。患者さんは生活の中で困っていることが多くあるものです。例えば職場で興奮や緊張感を持ち続けながら生活しているのが看護師です。患者さんは帰宅して疲れたら眠ろうとしても上手くいかないことが多いものです。薬を飲んでも効果が薄く感じるという場合があります。こんな時の看護師は不定期な夜勤の仕事をこなしながら熟睡しているので健康なままで仕事をこなせます。この看護師ならではの方法や眠れるコツを聞くことも治療の一つです。手段をわかりやすく説明するのが看護師の仕事です。精神病の患者さんや家族の疑問をこんな時に聞けるのが入院している時のメリットです。この答えを自分で調べるのは時間や手間がかかります。しかし専門的に勉強している看護師に聞くことは治療費を払っているわけですからわかりやすく説明してもらえるのです。患者さんにより身近に看護を行うことが業務内容です。看護師に質問したり方法を聞いたりして入院生活で試すと良い練習になるのです。上手く精神病と向き合いながら生活していく方法を教えてくれる人がいるだけで安心感が大きく違ってくるものです。

Copyright© 2015 精神病はストレスからも起こりやすい【精神の健康を保とう】All Rights Reserved.